読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
色気より食い気。

【おべんたう】20140421〜とてもかなしい日〜

f:id:monosuya86:20140421181952j:plain


本日のおべんたう。

  • 人参とゴボウの炊き込みご飯。
  • 粒マスタード卵焼き。
  • 叩きゴボウとサバ蒲焼き缶の竜田。
  • ブロッコリーの胡麻和え。
  • ウインナーとジャガイモのグリル。

とてもかなしい一日。


今日は、とてもかなしい気持ちの一日でした。


共に手を携えて難局を乗り切ろうと思っていた存在と連携が取れなくなったのです。


作業効率を考えて連絡を密に運んでいたのでしたが、

それを余計なことと受け留められショックを受けています。


気づいた人間が指示を伺っても待っても回答が得られない時、

先回りして用意をしておくことはそんなに余計なことなんだろうか。


わたしは小さいながらも主宰の会を重ねて、この世界に身を置いて長くもあるので。

そういう積み重ねを踏まえて行動できることと、

まったくこの業界に明るくない先方は逆に一般的な感覚を持ち合わせていて。

行政とのパイプ役としても、お金の面にも強い存在。


委員の中で若手である自分たちが率先して事に当たる事で秋の成功を向かえられると、

そう信じて疑わず邁進してきたものが。


すっかり崩れてしまいました。


わたしは何を信じて進んでいったらいいのだろう……。



f:id:monosuya86:20140421183308j:plain


今、先方から自分を信じてとタイムリーにいわれ。

でも、その自分自身を信じられない。


よかれと思った選択が裏目に出て、その方の仕事がやりにくくなるのは。


わたしの本意じゃない、

それならわたしが外れてそれで済むならそうしたい。


無責任になりたくないから、と頑張るつもりだったけれど。


頑張る人間の頑張りが余計と思われたら、

わたしは何をどうこなしていったらいいのか。


さっぱりわからなくなりました。



f:id:monosuya86:20140421184216j:plain


ちょっとブレイクしてリフレッシュしたら、

また気持ち新たに進めるのかなと思っているのが未だ少し救いのあるところで。


この気持ちが一生続くとは、さすがに思わないけど。


待ったなしでゴールに向かって進んでいる残り160日あまりの、この時期に。


この抱く、もやもやとした心持ちには少し焦りを感じます。


そして一方で、どんなに自負したとしても。


自分の代わりなんて、いくらでもいるんだよねという乾いた気持ち。



珍しく、こんなネガティブな日記ですみませんが。


ちょっと書く事で自分を整理した気持ちもあって、こんな感じで失礼します。


どこに、

浮上の種が転がっているかもわからないので。

あまり、

突き詰めずに過ごそうと思います。


とりあえず明日のおべんたうは、

そばめしにするという予告で今日の日記を終えます。

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。