読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
色気より食い気。

【パンデー金曜日】20170512〜サンドでパンだ〜

f:id:monosuya86:20170512083820j:plain


20170512〜今週のパンデー〜

  1. サンド2種(ツナコーンマヨチーズ/鷄ササミきゅうりマスカルポーネ
  2. フライ2種(イワシ/鷄もも切り込み)
  3. ワラビの油揚げ巻き(表/裏)
  4. 焼きピーマン(赤)
  5. レタスサラダ
  6. キウイ
  7. (カフェオレ)

yマザキランチpック風サンド(いい加減にせぃ)

f:id:monosuya86:20170512071048j:plain



あっという間に今週も、パンデーの金曜日となりました。

黄金週間明けの今期、水曜日に日帰り出張を挟んだので実質4回の弁当生活。


来週は日曜が日勤で弁当あり、そのぶん平日に代休取得できるので。

実質、来週も弁当4回戦となる予定。


誰が決めたか知らないけれど、(ある程度は)みんな知ってるパンデー金曜日は。

大したことしていない割に時間を要してしまう厄介な、

でもネタ的には外せない日なのです(なんのこっちゃ)。


この曜日、頻出なのが「yマザキさんちのランチpック風サンド」です。

使用したのはコレ↓↓↓


曙産業 サンドでパンだ RE-182

曙産業 サンドでパンだ RE-182


きっとワンコインショップ(!?)辺りにも似た品が出ていることと思いますが、

わたしは数年前に地元の金物屋で見つけ御本家さんのこれを使っています。


食パンに何かしらをサンドして(ジャムとかでもいい件)、

これをムギューと押すだけの簡単サンド。


ネタ元なので断面見せのためにカットしていますが、

そのまま切らずに持たせたら手も器も汚れにくい大変食べやすいサンドです。



f:id:monosuya86:20170512071543j:plain



まだ、こちら地元は気温が上がっていないので。

この程度のジューシーさで持たせられますが中身が中身なので、

もうそろそろ気をつけないとなりませんね。


食中毒ダメ絶対!!


フライのカリカリ度合い。

f:id:monosuya86:20170512071147j:plain



2種のサンドに添えた、サイドおかずのメインは2種のフライ。

サイドなんだかメインなんだか、よくわかりませんが(笑)。


イワシのフライに鷄もも肉(カット肉)の、それ。

イワシは予め開かれていたものが値落ちとなっていたので即買い、

そして即使用。


塩胡椒に小麦粉、

別に小麦粉をヨーグルトとマヨネーズで溶いたものをまぶし袋に入れて一夜放置。


朝は、それを更にモミモミしてフライ粉まぶしてカリリと揚げるだけ。

朝、弁当用の揚げ物なのでフライパンに油少なめ。

両面を揚げ焼きにします、

カリッと具合を意識しているわけではないのですが。

揚げた人間に似るのか、ものすごいカラッと揚がっています。


同居人上下も言うにフライは衣が命だ、ということなので。

ある意味、素材は何でも構わないんじゃないでしょうか(笑)。

買い物に出て安価で手に入れたものを手っ取り早くフライにしてしまう、

フライが果たして手っ取り早いのか甚だ疑問ですけれど。



f:id:monosuya86:20170512071113j:plain



弁当にフライがインされる日は朝ごはんの食卓にも、フライが並びます。

ともすればパンデーって、ご飯のおかずになるものが少ないから。

揚げ物あるときは、プチリッチ気分。



f:id:monosuya86:20170512071645j:plain



他のおかずは簡単に単にグリルで焼いただけの赤ピーマンは、あしらいとして。


こしらえてカット待機させている、ワラビは。

油抜きしてストックされている油揚げを開いたもので、

くるくると巻いて楊枝差し。


表/裏とあるのは表面出した巻きと、その逆という意味です。

画像だと、あまり違いがわからなかったし味の差もありませんが。

酒と麺つゆで、シンプルな味付けに。



f:id:monosuya86:20170512071737j:plain



パンデーは野菜が少なめになりがちなので、

2種のレタスをちぎったサラダを添えました。

酢生姜に塩胡椒という、あっさりしたドレッシングで。


フルーツは宛行扶持の、キウイ。



f:id:monosuya86:20170512071025j:plain



娘の一人暮らしの名残セットが今週も活躍しました、

こう見るとなかなかにボリュームがありますね。


でもパンは、おやつの類だから。

すぐ、お腹空くけどねw

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。