読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
色気より食い気。

【親方弁当】20170316〜いよいよ始動弁当〜

おべんたう。

f:id:monosuya86:20170316080609j:plain

20170316〜学校へ出勤その初日〜

  1. おさかなソーセージとホウレン草のケチャップおむすび
  2. 凍み豆腐ステーキ(三色カラーピーマン添え
  3. ミルフィーユカツ
  4. さつまいもフライ
  5. おさかなソーセージとホウレン草の卵巻き焼き
  6. バナナ
  7. (カフェオレ)

教えてください。


f:id:monosuya86:20170316080248j:plain


学校へ出勤言うたら、なにやら教授する側に聞こえませんか。

そうではなく逆に教わる側なんです、

うちの娘の音楽隊の一員としての活動が始まりました。

某組織の音楽隊内で、カラーガードとしての役割を担うのです。


マーチングで旗を振っている人というのが親方の中の数少ない認識で、

まったくの未経験者が諸手を挙げて希望を出したのは暴挙に近い気がします。


向こう見ずで大胆な選択をするのは、どうやらここの人に似たらしい。


親方も全く運動の経験がなく放送部歴8年と日舞歴15年越えを、ひっさげて。

某・国の組織(バレバレ)に属した時。

「お前なんでここにいるん??」

と訝しがられたものです……。


ここから思い出話が始まると長くなり過ぎるので割愛、

娘の活動はこれからおいおい記していくとします。


後に出る、おさかなソーセージとホウレン草の半端が出たので。

細かく切って軽く炒め塩胡椒してからの、ご飯と混ぜケチャップで味付けしたおむすび。

木曜日は、おむすびデーになりそうな今後(毎週木曜日が特訓日)。


ノーマークになりそうな凍み豆腐のステーキは冷凍を解凍した豆腐が、

いい塩梅で水切れているので両面焼き麺つゆ回しかけたもの。

三色カラーピーマンは、チンしておいて焼き目をつけました。

木曜だけどフライデー。


f:id:monosuya86:20170316080348j:plain


水曜だけどフライデーの昨日に続き本日も、

あらかじめ仕込んでおいた切り落としの豚肉によるミルフィーユカツ。


お前は美味しいカツになるのだよ
とんかつお肉に負けないカツになるのだ


と親方に念を送られ一日寝かされたもの、これが本当に美味です。


火の通りが早いのも弁当向けで昨日同様、溶かし小麦粉(水でもいいが親方は乳清派)をまぶしフライ粉振って。


揚げ物が一品だとつまらないので常備菜の、さつまいもの炊いたのを揚げてみました(画像下)。

これが、また絶妙に旨いな!!

ほんのり甘く、そしてサクサク。

これは病み付きになる味だ!!

卵巻き巻き焼き焼き。


f:id:monosuya86:20170316080309j:plain


何でも割と料理の面では作れる、つもりのある自分ですが。

それでも苦手があって巻き物が、あまり上手くできません。


甘酢が苦手なので太巻きも、ちょっと物によっては遠慮しがちなところもあるのですが。

味以前に巻く、という作業に慣れないのです。


巻き簀との相性が悪いというのか(そこなのだろうか。。。


それを今回の復活弁当生活で克服したいと思っています、

ちょっと食欲が落ちるようなことがあったら(ないかもしれないけど)、海苔巻きとか食べやすくていいかなと思って。


今朝は単純に(昨日も使用した)おさかなソーセージとホウレン草を残しておいたので、

それを巻き込んだ卵焼きと決めていました。


卵液には水溶き片栗粉を少し加えるのがコツらしい、とか。

味付けは珍しく、ほんのり甘めの卵焼きにしようとか。


結果まだ錬成の余地はあるものの、どうにか形にはなりました。


何より色が綺麗なのが好ましいよね(ここ重要)

ありえないくらいの方向音痴。


f:id:monosuya86:20170316080356j:plain


今朝、出勤した学校は組織に所属して即3週間あまりを過ごした場所。

奇しくも親方の母校の直ぐ近にあり、なじみの深い土地。

本人には、わずかひと月に満たない生活だったでしょうが。

さすがに、どの辺りにあるか家からのルートくらいは。

把握できているか、と思ったが全然全くチンプンカンプンでしたね。


車で向かう必要があり道順を伝えていたんですが、

いつものごとくフリーズのサインが出ていたので。


初日ということもあり先導してきました、、、たった10分圏内の場所にあるんだけどね。


ナビこそ車載していないが今どき、スマホのアプリが優秀なので。

それに誘導されていけば、ほぼほぼ迷わないと思うんですがね。


そこを予想の遥か斜め上をいく迷い方をする人なので、もう奇跡と呼ばれてます。


誘導してきたはいいが帰り道で必ず迷いそう、、、それはもう知らんよ。

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。