読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
色気より食い気。

【おべんたう】20140123〜弁当と雪寄せとシュシュ〜

f:id:monosuya86:20140123185712j:plain


本日のおべんたう。

  • きんぴら風ごはん。
  • ジャガイモと切り干し大根煮のお焼き。
  • 3色パプリカの梅酢。
  • 粒マスタード卵焼き。
  • 鶏の照焼き(ピーマン添え)

結構積もりました。

f:id:monosuya86:20140123190008j:plain

雪の話ね。


今日は結果的に都合3回、雪ちょしました(=いじりました=たわむれました)。

朝一番に、それなりの積雪があったので。

簡単弁当で勘弁、略して簡便でゴメンしてもらいました。


f:id:monosuya86:20140123190232j:plain


その後、壮年女性踊りグループの団体稽古は雪と寒さで冬ごもり(要は休み)。

そのため齢離れた弟弟子のMさんの稽古に後見で入ったのですが、

昨年に引き続きMさんが軽トラ乗車で来てくださり排雪してくださるということで。


稽古着脱ぎ捨てて雪除け作業着に着替えて、

Mさんとともにワッセワッセと荷台に雪を積み込みます。


エッサホイサエッサホイサ、

あっという間に軽トラ一杯になりお昼兼ねて一旦Mさんがご自宅へ。


軽トラ待ちながら。

f:id:monosuya86:20140123191007j:plain

ボスとわたしも昼食とって待機しながら、その時間に久々にシュシュを編みました。


昨年の、を毛糸解いて元になるゴムは再利用して編み直しです。

いただき物や、100円ショップの毛糸で細いものを2本取りにしたりしてみました。


f:id:monosuya86:20140123191336j:plain

真ん中の赤系の、がオリーブ色のとの組み合わせなんですが気に入ってます。


f:id:monosuya86:20140123191428j:plain

13時半前にMさん登場されていたようなのですが、

おひとりでサクサク作業をされていて気づかず・・・。


f:id:monosuya86:20140123191524j:plain

出て行った時には、ほぼ荷台が一杯になっており。


Mさんが近場に雪捨てに行ってきてくださる、というので。

今度は外で待つことにしました。


その間、中庭に張り出した庇の雪や氷を落とします。


f:id:monosuya86:20140123191709j:plain

程なくMさんが荷台を空にして戻ってこられたので再度、雪の積み込み作業助手。


スコップで駐車スペースの雪を全部積むことができました。


f:id:monosuya86:20140123191825j:plain

これでゼロスタート、また1から雪が寄せられるね、、、ってもう要らないですけどねぇ。


f:id:monosuya86:20140123191913j:plain

今日は本当に雪寄せに時間を割いたから弁当箱にスキ(隙)があるね。


マッサージしながら、またシュシュ編む。

f:id:monosuya86:20140123192117j:plain

ボスが昨年終い近くに買い求めた、ふくらはぎと足裏マッサージ機がなかなか便利ですよ。


足を突っ込んでおけば勝手にシューシューと圧かけてくれるので気持ちも好いし、

その間(15分を2セット)本読むもおkだし編み物もできるよ(今日初めてだったけど)。


髪の毛が伸びてきて(伸ばしているともいう)髪を結えるようになってきたので、

せめてシュシュくらいしていないと脚立に上がってワセワセと作業してたら小さい男子にしか見えない気がする。


追記。

Mさんの帰られたあと、どうしてもボスが気になるという台所の雨樋上の雪を落としました。

家の周りの通路が狭く頭上注意のポイントなので。


初めて隣りの駐車場に脚立を立ててフェンス越しに作業しましたよ。


フェンス乗り越えた時。自分ちょっとカコ(・∀・)イイ!!て思ったっすwww



でも、もう本当に雪は要らんよ。

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。