読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
色気より食い気。

【正月】20140101新年早々JAFを呼ぶ。

f:id:monosuya86:20140102194525j:plain

今週の一枚「初詣のおみくじ」


昨日、初詣に出ようとして。

マイカーのエンジンが、かかりませんでした。


2度回し、ブレーキの踏みあんばいもいつもと違ったため。

諦めて車中から、JAFのサービスに電話を入れました。

JAF会員10年選手ですが、2度目のことになります。


30分程度で到着と言われ初詣に出る用意で外に出た、

ボス登場も一旦家の中に戻りました。


電話から25分程度で担当者さんが到着され車庫内の車に乗り込んで実際にエンジンをかけてみようとし、

それからエンジンルームを点検して出た結論。

かぶり

というものでした。


(今回の)エンジン不始動の原因は、プラグ。

エンジン不調のよくある原因


点火不良と表現すればいいのでしょうか。

JAFの担当さんから原因となるべく天候(ぼた雪が降るような気温と湿気)を教えられ、

もしも“かぶり”状態が起こった場合の対処法を始動していただき。

さらに、おかしいと思ったら即呼んでくださいの言葉を残して。


さわやかに別の依頼場所へ向かって行かれました。


エンジントラブルは、すぐバッテリーを考えてしまうのですが。

バッテリーでなくてよかったと思うべきか、そうでないのか少し悩みました。


それより何より昨日、元日の朝早々の根拠なきイメージというか勘というものが。

「なんだか車が故障する」

というものでした。とても漠然としていたのですが。


折しも昨日は、お嬢が昼までバイトに出ていたため初詣の予定は午後にしていました。

午前には車を使わず(そして前日、大晦日にも車には乗りませんでした。)、

お昼をとってからさて出だそうとしたところのトラブル。


エンジンのかけあんばいが変と思った時、

悪寒が現実のものとなり妙な感慨を覚えました(??)。


こういう勘ではなく別の勘が当たってほしいものなんですけどね・・・。


びくびくどきどき、しながら向かった初詣。

f:id:monosuya86:20140102201411j:plain

今後のご予定はとJAFの担当さんに訊ねられ初詣に出る予定だったと答えると、

そうした方がいいと言われました。


またエンジンがかからなくなったらどうしようと、びくびくしましたが。

(そうなった時の対処法は聞いてはいたものの)

まったく問題はなく無事に往復してこれました。


ボスと、お嬢と自分とで銘々に引いたおみくじはそれぞれ別の番号だったものの全て大吉。

今まで何度も3人で詣でてきましたが3人とも大吉を引き当てたのは初めて。

いつもは自分たちには中吉程度が丁度と思っていた自分たちでしたが、

やっぱり大吉×3が嬉しかったのは出ばなをくじかれたからに他ならないかも。


一日明けて本日。

お嬢さんのバイトが本日は思いがけず休みとなったため、

ようやく正月休みらしくゆるゆるのんびり過ごしました。


まず我が家の雑煮を食べて。


初詣に行き、ドーナツの福袋を手に入れ(ドーナツそのものは引換券が入ってくる)。


夜は飯。



お嬢は明日はバイトに出て、

わたしとボスは明後日からの仕事の準備にかかり。


あっという間に三が日、終わってしまいそうですが。


恙無い、ということが何よりの正月休みのご褒美かとありがたく受け留めて。

おとなしく過ごそうと思います。

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。