読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
色気より食い気。

【ご紹介】お店ご案内Vol.3〜“ブルボン”〜

f:id:monosuya86:20131203204138j:plain


Ag11−12月号絶賛発売中。

今号はEditorial staffそしてPhotographerとして名を連ねさせていただきました。

倉敷里子ことPENちゃんで撮影した記念すべき号ともなりました。

誌面ど真ん中に掲載されています『Ag11−12月号』発売中です。

→ 【告知】【宣伝】ご報告〜Ag11-12月号発売されました〜 - 11月のヤンキー。〜モノスヤの食いブロ食ログ〜


純喫茶。

f:id:monosuya86:20131203204511j:plain



31


ホットコーヒー、一杯450円。

高いとみるか安いと取るか。


450円には、コーヒー豆そのものとそれを淹れるために掛かる金額と。

淹れるものや淹れる方に対する費用など、

そういったものが込められている。


口にしたコーヒー、それのみならず。

それ一杯を愉しむ時間を含めて、お金で換算して支払っているのだと思う。


高いとみるか安いと取るのか、それはその人それぞれだ。



f:id:monosuya86:20131203205235j:plain

鄙びた、というより古びた小路の一角に30年以上香らせてきたコーヒーの味わい。


f:id:monosuya86:20131203205514j:plain

外に向けられたスピーカーから流れる、60年代のジャズの音色にも惹かれる。


扉を開けると即、左手に漫画の棚。

f:id:monosuya86:20131203205726j:plain


常連の、お客さん達が持ち寄ったものだとのこと。


齢70半ばも超えた、と思しきマスターが一杯ごと丁寧に豆も挽き。

布フィルターに、ゆっくりと湯を注ぎ。

その間、マスターとお客さんの間に交わされる話にわたしまで口元がほころぶ。


だからといって、その会話に加わるわけでもなく。

ある人は隅で紫煙をくゆらせ。別の人はボックス席のソファに、ゆったりともたれ何するでもなく時を過ごし。

自分は、マスターが唯一「頭が痛くならずに聴いていられる」という音楽に体を揺すり。


同じコーヒーを一杯ずつ味わいながら同じ時間を別々に過ごし、めいめいに店を去っていく。



f:id:monosuya86:20131203210803j:plain


純喫茶の定義は概ね、アルコールを提供しない純粋な喫茶店をいうという。

深い背もたれのソファに木のテーブルも純喫茶らしさだという。

f:id:monosuya86:20131203210424j:plain


アンダーグラウンド的な隠れ家的な・・・


知らせたいような教えたくないような、そんな処。


f:id:monosuya86:20131203210948j:plain


次は、きっとカレーライスをいただきに。

それから、きっとコーヒー回数券を求めて。


漫画を読みながら、ぐずぐずとゆっくりするつもりで。

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。