色気より食い気。

【侍ジャパン】〜注目選手ピックアップ第二弾〜

第一弾は、こちらをご覧ください。

小久保ジャパン明日初陣。

いよいよだぁ。

2013 BASEBALL CHALLENGE「日本 VS チャイニーズ・タイペイ」|その他の大会|試合・大会|野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト


テレビ朝日の番組を見ているとCMが入るのですが、

その都度テレビ前に正座して姿勢を正してしまいます。

明日は三つ指ついて正式にお辞儀、宜しくお願いいたしますと深々やりかねません(誰に??


(以下画像はお借りいたしております)

f:id:monosuya86:20131107125941j:plain

監督とキャプテンの2ショットが、ネット上であちこち見受けられるようになってきました。

小久保監督若いよ!と思ったら1歳、齢下なんだぁ(今更感ありあり。


f:id:monosuya86:20131107140639j:plain

嶋キャプテンにおいては16歳違いなんて下手すりゃ息子っていうくらいの存在があってもおかしくない。


f:id:monosuya86:20131107140901j:plain

スーツ姿の監督も好いなぁ・・・♡


現役を引退して日が浅い方は体型が若々しさをキープされていて好ましいですよね←!?


ところで、コーチの仁志氏と小久保監督って同じ齢なんですね。

そして稲葉コーチが、そのお2人の1歳下。

自分世代の首脳陣が牽引する侍ジャパン、我々年齢は様々な組織上では中堅と言えると思うんですが。

野球界の指揮官やコーチ陣としては若返った感じがあります。

純粋に楽しみなのと期待値が高いのと20代の選手と、どういうやりとりをしていくのだろうかと。

自分の仕事上にも参考になりそうなので注目しています。(愛弟子が選手と同世代が多い)



f:id:monosuya86:20131107130928j:plain

現役を引退してしまうことには寂しさがつきまとうけれど、

その後の人生というか仕事ぶりに自分はより興味を覚えます。

宮本慎也氏とは、ちょうど同じ齢生まれなんです。

侍ジャパン、小久保ジャパンの対台湾戦では第3戦の解説者として登場します!!

注目選手をピックアップ第二弾。

2013 BASEBALL CHALLENGE「日本 VS チャイニーズ・タイペイ」の選手団から注目したいメンバーです。

(統一感を持たせるためにリンク先は個人年度別成績ページとしています)


2013 BASEBALL CHALLENGE「日本 VS チャイニーズ・タイペイ」|2013年|トップチーム|代表チーム|野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

オフィシャルサイトから全員分の検索をした中から超個人的にピックアップした第二弾です。


第一弾に引き続き完全に顔(と雰囲気)で選びました(笑)

カープベイスターズから各2選手と、ライオンズから1選手。

先に選んだ5選手と合わせても、なんだか偏りが否めません(汗)。


他の選手は実際にプレーするところを見てから、おいおいと(何を??

第3次野球狂期。

自分の野球狂期についてさかのぼってみると第1次は中3の時、高校野球に熱狂していた時期でした。

ちょうどPL学園のKKコンビ、桑田&清原らが夏の甲子園で4強(結果的には準優勝)に入った年で。

この時、地元の金足農業もベスト4入りしたのです(準決勝でPL学園に敗退)。

といいつつ応援していたのは取手二高(茨城)の吉田剛キャプテン(後バファローズ→タイガース)。

特集誌を何冊か買って記事を切り抜いてクリアケースに入れていたことが記憶に残っています。


第2次は2009年のWBC全盛期、

青木宣親選手を知り猛烈なファンになってから燕党青木派として3シーズンを過ごしました。

元々、古田敦也氏や野村監督が好きなためにスワローズファンではありましたが。

より強くより熱く燕の飛躍に期待を寄せていたものです。

しかし青木が抜けた穴は、つば九郎では埋められず(しつこい)頼みの綱の心の同期:宮本氏も現役引退。

もう自分には第3次野球狂期は訪れないのかな、と思っていましたよ。

意外なところで日本シリーズが引き金となりましたけど。

破れたジャ(以下略


2009年のWBC連覇の感動を再び味わいたくて侍ジャパン、小久保ジャパンを鋭意応援することにしました。

2017年まで4年ありますので長い旅路ですし一番長い野球狂期となりそうです(笑)

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。