読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
色気より食い気。

【反省】親の、そして子の成長。

f:id:monosuya86:20131020184803j:plain


お嬢のお土産、第一弾。

f:id:monosuya86:20131020185749j:plain

関西だししょうゆ | ポテトチップス | カルビー株式会社


お嬢が本場から買い求めてきてくれたものです。


カルビー ポテトチップス関西だししょうゆ味 58g×12袋

カルビー ポテトチップス関西だししょうゆ味 58g×12袋

Amazonでなら、いつでも買いとかいう野暮は無しです。


今日は、これをつまみに一杯ひっかけ。

お約束どおり、“だまこ鍋”で夕食としました。

f:id:monosuya86:20131020190354j:plain


この前、市販の比内地鶏スープを求めて使ったのですが。

塩味がきつく、いつまでも舌に残っていたので。

今日は鶏ガラを買ってきてスープをとり昆布との合わせ出汁にしました。


具材は舞茸・ゴボウ・油揚げ・鶏もも肉・親モツ・ネギ・セリと。

半殺しした新米を丸めた、だまこというもの。

f:id:monosuya86:20131020190731j:plain


アフターは本日の戦利品。

お嬢が袋詰めした、うどん。幼なじみの製麺所さんの、を入れて食べました。

親の反省。

今朝、我ながら支離滅裂のブログ内容でしたが。
何といっても庶民の親は、せっかくの子どもの修学旅行が。
本人の不完全燃焼で終わるなどとは、なんと勿体ないことだと思ったんです。

せっかくの旅行代金が、と。

そんなことを考えたとは、お恥ずかしいのですが。
お嬢の昨夜の車中での土産話を聞いて即座に、そんなケチなことを考えてしまったのです。


そういう気持ちが今朝も、まだ拭えず。
しかも修学旅行は、もうどんなにお金を出しても行く機会の持てない特別な旅程なのに。
何故、存分に満喫してこなかったのかと。

残念なような憤りを覚えるような、すこし情けないような。


そんな気持ちを払拭できないまま午後の稽古となりました。

今日は、いつもは出稽古にこちらから通う愛弟子の兄妹が逆に我が家の稽古場にきてくれまして。

その兄が、この前挑戦した進路受験の結果について。
話を聞いたのですが、
そのことと今回のお嬢の旅の話を合わせて。

これは、この齢ごろの2人の成長のために必要な課程だったんだなぁと。

そんな風に感じて朝のブログ内容を反省したのです。


決して安価ではない旅行代金に、わたしが思うそれに見合った旅の楽しみ方や満足度で換算しようとするのは。

大人のエゴというか、わたしの個人的な感覚でしかないなと。


お嬢は確かに具体的にはUSJで、もっと存分にアトラクションを楽しみたかったとか。
神戸の自由行動で散策したかったとか、
いろいろな「もっと」があったようでしたが。

家に戻り落ち着いて過ごして本人も、

「それは結局自分で選んだことだしね」

と。そう言っていました。


たとえ周囲や仲間が、どうであっても。

高校生ともなれば選択は本人の自己責任。


親が、こうするべきだったのでは、ああすればよかったのではと。

言うべきではないな、と。


こういう経験を積み重ねて彼女も、

そして今日来た愛弟子も大人になっていくのですよね。

大人になるには、いくつものリスクを乗り越えなければならないし。

悔しい思いも不完全燃焼な気持ちも抱えることも多くあるし。

それを学生時代に味わうことは社会に出るための前哨戦に、なるのかもしれません。


ポテトチップスをつまみながら、だまこ鍋をつつきながら色々な話をして。

わたしも反省したように、お嬢も今回の経験をよい教訓を得たと感じたようです。


そういう意味で、ただ単純に楽しんで帰ってきた旅よりも。

お嬢にとって得るところの大きかった今回の研究旅行でした。

今日、開栓。

f:id:monosuya86:20131020195259j:plain

しばらく前に買い求めていて、なかなか開ける機会を持たなかったこれを今日。


ロックで。

これを味わう度、今回の旅のことを思い出すような気がしてます。

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。