読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
色気より食い気。

さくらくらくら。

サクラサク


「 昔おゾーさんの縁側日記 壮年女性踊りグループの団体稽古」に行ってきてました。

出稽古場にさせてもらっている他所の町内会館の前、桜咲き初めておりました。


なんでも初めというのは気持ちや鼻穴が膨らむものです・・・。


片想いのはじめの時とか、
付き合いはじめとか、
新婚のころ。

色ならば燃えるような赤に染まる時期でなく、ほんのり桜色のページ。

思い出そうとしても鮮烈ではなく、おぼろげなのがまた好ましい。

控えめな甘さと、ほんのり酸っぱい感情。


これから、どんな風に漬かっていくのかな・・・。

甘めなのかな塩からいのかな。

漬かり過ぎて酸っぱくなっちゃうのかな。


がっこ(=漬け物)の話ですかw


お十時(^ω^)


稽古始めて30分もしたら、みな汗ばんで。
季節の移ろいを感じますね、あんなに寒い寒い言ってたのにね。


次の稽古日は、ゴールデンウィーク明けの木曜日だから。

この景色、愛でるのも今だけ限定。

f:id:monosuya86:20130425125930j:plain


人も景色も一期一会で二度、同じ時間は繰り返せない。

だから大切な、と思えるのだと思う。


特別どこに行かなくても、なにか取り立てたことしなくても。

日常の中にある変化と普通の暮らしに見つかる幸せのかけら。


春の匂い。

人生のページの、ほんのひとこま。

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。