読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
色気より食い気。

【親方弁当】20170323〜五目炒飯おむすび〜

おべんたう。

f:id:monosuya86:20170323075645j:plain


20170322〜お花畑でかくれんぼ弁当〜

  1. 五目炒飯おむすび
  2. カレー竜田揚げ2種(青じそ入り竹輪/豚ヒレ肉)
  3. 焼きサバのピカタ
  4. ゆき菜のナムル
  5. 3色カラーピーマンとピーマンのチーズグリル
  6. ポンカン
  7. ドライマンゴー入りヨーグルト
  8. シリアル
  9. (カフェオレ)

おむすびを探せ。


木曜日、活動日。

音楽隊のカラーガードメンバーとしての特訓日、組織の学校へ向かいます。



入校・教育・訓練。

その昔、国防の任に就こうとしていた親方の大好物がその3つ。


入校中は教育隊所属のうちは食事時間が10分しかなかった、というのが蘇る過去。


これでも、おっとり一人っ子として育ったここの人は。

食事を実母に取られることがあっても(あったんかい)兄弟姉妹間での抗争は、なかったので。

ご飯は、ゆっくりじっくり時間をかけてたっぷり楽しんで食べていました。


それが急に与えられた10分の時間で済ませろ、と命令されても。

なかなか慣れることができなかったのも、いまでは懐かしい思い出です。


なにしろ活動が激しく、それでなくとも腹っぺらしだったので。

いつも常に、お腹を空かせていました。


限られた時間内で、とにかく食べられるだけ食べておかないと持たないので。

そのうち10分内で、ある程度の量が食べられるようになりました。

環境は人を変える、そんなもんです(笑)。



タイトルとは、ずれた話になってしまいましたが。

娘の特練が、どのように行われ。

どのように進んでいるのか知らないので、


もしかしたら新人は入り口で立ったまま昼食を取っているかも、しれないし。

仲間や先輩と談笑しながら食べているかも、しれないし。

練習がきつくて、つらくて泣きながら食べているかもしれないけど(多分それはないだろう)。


ササッと、パパッと食べられるものにしておくに越したことはないかなと。

おむすび弁当としました、

とはいえ体を動かして腹は減り塩気も欲すると思うので。

炒飯を握り飯にしました、、、さてその握られたのは(゚Д゚≡゚Д゚)ドコドコ??


f:id:monosuya86:20170323075628j:plain


おったw

仲よく2個、並んでいます。


竜田揚げはカレー風味。


f:id:monosuya86:20170323075615j:plain


竜田とは、なんぞや。

という定義めいたもの、については一昨日を参照ください(ほぼ参考にはならぬ)。


monosuya86.hateblo.jp


竜田は片栗粉、加えたのはカレー粉。

竹輪もヒレ肉も見切り品そんな情報は、どうでもいいかw


焼きサバは缶詰。


f:id:monosuya86:20170323075700j:plain


弁当に重宝なアイテムの一つが魚缶、

普段の食卓のメインおかずには上ってこなくともあると安心なのが魚系の缶詰。


買い物に出た時、何となしにストック缶を買い求めておきます。


今回はサバの焼いたの、



これって感じかなぁ。


今朝は卵を炒飯に使うことを決めていたので、その前の溶き卵に小麦粉まぶしのこれをくぐらせて。


ピカタも我が家の弁当内、頻出。


緑、鮮やかな葉物は「ゆき菜」です。

名前の通り冬の野菜だろうか、もう旬は終いかな。

色よく茹でて、すりゴマに粗塩でシンプルに素材の味を楽しみます。


添え物(花粉症がひどい)


[f:id:monosuya86:20170323075534j:plain


官舎2年間の独り暮らし生活では、あまり気にならなかった花粉症が。

実家に戻ってきた途端に症状が、ひどく出ているのは。


自宅の所在が地元の中では一応の街中ど真ん中のせいなのか(暮らしていた官舎は更に田舎だった)、

はたまた実家に戻ったという安心感そして緊張感が欠けているせいなのか。


どちらもかな??


アレルギー薬を服用してはいますが劇的な改善には至っていないし、

ヨーグルト今ごろ食べたところで効くわけでもないでしょうが。


心身ともに疲労すると欲する甘いものを、あまり摂取してはいけない(花粉症々状が悪化する)ので。

せめて気休めと慰めに、ドライマンゴーを加えたプレーンヨーグルトと。

シリアルを添えました、カリカリうまし。


]f:id:monosuya86:20170323075605j:plain



風が強く、いかにも花粉が飛んでいそうな昨日今日に加えて。

日差し差し、すこしは気温が上がりそうな今日。

せめてもの救いは木曜の通勤は車を使えること、だと思います。


木曜は容赦なく残業。


f:id:monosuya86:20170323075525j:plain


基本、練習は定時に終わるらしいのですが。

各々、所属先に電話を入れ仕事の状況によっては真っ直ぐそちらに向かい。

いつもより帰宅が遅くなる、こともままあるようです(先週はそうだった)。


それでなくとも木曜って、やや元気が出ないよね。


ってことでビタミンカラーを、ふんだんにあしらって見た目からパワーもらえそうな弁当にしました。


そうは言いながら、カラーピーマンとピーマンの本体を明日以降に使うために。

落とした頭をケチって使ったことは公然の秘密です(みんな知ってる)

【親方弁当】20170322〜肉がない魚はある〜

おべんたう。

f:id:monosuya86:20170322075719j:plain


20170322〜サーモンムニエル乗せ弁当〜

  1. 麦ご飯
  2. サーモンムニエル
  3. 煮物三種(絹揚げ・梅人参・花麩)
  4. 天ぷら三種(竹輪・ピーマン・サツマイモ)
  5. くるみ卵焼き
  6. (カフェオレ)

彼岸期間中は基本的に。


f:id:monosuya86:20170322075720j:plain


肉が禁忌。


この前かかってきた固定電話からの一本、

出ると名を聞いたことのあるお寺かというものでした。


違います、と応えると。

◯◯寺ではないのですか!?と言われたけれど、

どんなに仰られても我が家は寺ではないん。


寺ではないが彼岸や盆中は基本的に肉をメインに食べません、

いわゆる精進日が彼岸だと7日も続く。


それを例外にしていたのが弁当です(もちろん給食も)、

それはそれとして子どもの世代はそこまで縛られなくていいと思うの。


なので今日は彼岸中だからノーミートなわけじゃないんです、

ちなみにストックお肉はあるが使わなかっただけ。



f:id:monosuya86:20170322075725j:plain


昨朝、油抜きした絹揚げを残しておいたので。

けさは煮物でいこう、と決めてました。


得意の(??)花麩、昆布水で昨夜から戻しておいて。

人参は梅の型で抜きました、

もう都心では桜の開花宣言ですって??


こちらは、まだまだ蕾がかたいよ。

そして、わたしは桜より梅が好き。


見切り品で寝が下がっていた青じそ入りの竹輪で天ぷらを、

サツマイモ炊いたのを残しておいたのでそれとピーマンを共に揚げました。


弁当の天ぷらは、いつもより衣が少なくて済むので。

卵一個、消費するのがもったいなく。

大さじ1のマヨネーズを乳清と昆布水で溶いたものに、カップ1/2の粉をザックリと混ぜて。


画像では存在感が薄い本日の卵焼きは、

ぼた餅に使った摺ったくるみの残りがあったので。

ほんのり甘めの味なので、お醤油すこし垂らして。


くるみに甘辛の醤油味が合うのは寒天に流して知っていたからね、ハズレはなし。


メインはサーモンのムニエル。


f:id:monosuya86:20170322075644j:plain



肉、使おうと思えば使えたのですが明日に回したのは。

ムニエルにしたサーモンが、そこそこに大きかったから。


押し麦混ぜて炊いたご飯の上に大葉を敷き、ドドンと一切れ乗せました。


切らずに乗せるつもりが弁当箱の横幅を超えたので、カットして。


隊長不良。

うちの隊長といっても、うちのボスほとんど隠居の身ですが。


娘が実家に戻って暮らしのペースが乱れたのか取り越し苦労して疲労困憊して、

ついに体調を崩しました。


遠巻きに見守るとか見て見ぬ振りするとか気にしない、って。


できる人と、できにくい人がいるんだな。

齢経れば誰でも心配性にはるのだろうとは思うけど……


人生の先輩であり永遠の師を、どのように扱うのが望ましいのか悩ましくあり。


とはいえ、さほど深く考えていないのが親方のよいところ(自分で言うな)。

【親方弁当】20170321〜ピーマンの肉詰めン〜

おべんたう。

f:id:monosuya86:20170321080733j:plain


20170321〜ピーマンの肉詰め弁当〜

  1. 明太子ふりかけおむすび
  2. ピーマンの肉詰め
  3. 絹揚げ生姜風味
  4. サツマイモ竜田焼き
  5. おさかなソーセージのチーズグリル
  6. 桜風味卵焼き
  7. バナナ
  8. (カフェオレ)

あまり、しない。


f:id:monosuya86:20170321080625j:plain


うちのボスが肉が苦手、特に鶏肉レシピは全滅なせいか。

わが家の食卓に、ピーマンの肉詰めが上ることがありません。


過去の、おべんたうには数度登場したことがあるのかな。

記憶が薄い(忘却)


肉詰めをしよう、と思って買われたわけではないピーマン。

安定の緑組として、ストックされたピーマン。


見切り品で手に入れた鶏ひき肉、揃ったところで肉詰めというコラボ成立。


f:id:monosuya86:20170321080621j:plain


チョンされた頭もドーナツ型に穴が開き、

そして輪切りされた最後のお尻部にもタネが乗せられ。


両面こんがり焼かれました、ピーマンも程よく軟らかくなってます。


タネには生姜と味噌を練り込んだのがポイントで、あとは片栗粉にパン粉も少し入れてます。


得意の竜田焼き。


f:id:monosuya86:20170321081813j:plain


竜田って、なんなんだろうと。

時折ふっと思うこともあるのですが、そんな定義はともかくとして。


わたしが竜田といったら成立する、それが竜田だし他も同様(笑)。


片栗粉をまぶして焼けば竜田焼きだし揚げたら竜田揚げなんだから、って思ってます(w)。


絹揚げは油抜きしてから粉をまぶし、はたいて。

両面じっくり、こんがりと焼きました。

味付けは生姜風味が、あらかじめ付いているものということで。

そのまま入れちゃう、ずさんさwですが。


ご飯も白飯でなく、ふりかけおむすびなので特に味付けは要らないかなと。

(するならミリン醤油回しかける程度かな)


サツマイモは先週も頻出、大活躍でした。

祖父の命日(18日)に、また新たに炊いたので甘辛めの味。


それも片栗粉を振り両面、焼き付けて焼き芋風です。


(実は肉詰めのピーマンにも片栗粉をまぶしています。

袋に片栗粉を入れピーマン加えて振り、それを取り出して使っています。

そこに絹揚げや、サツマイモも入れてモミモミして使っているので手もボウルも汚れず楽チンです。)


梅の塩漬け活用。


f:id:monosuya86:20170321082723j:plain


おさかなソーセージは、ストックのラスト1本をグリルで両面焼きとろけるチーズを。


いつもの卵焼きには塩漬けの梅を混ぜ込みました、というのも。

昨日、彼岸の中日で牡丹餅を食べるのに桜湯を飲んだのです。

その時、残った塩がもったいなかったので味付けに使いました。


食べると、ほんのり桜の味が香るよ。



f:id:monosuya86:20170321080630j:plain


心なしか春めいた弁当になった気がする♬



f:id:monosuya86:20170321080622j:plain


思い出して出してきたバナナケースには、もちろんバナナがインされています。


久々登場のニャンコのクロスも、バナナ持ち上げるニャンコタソの図。


気分は月曜日だけど火曜なんだよね、あと4日がんばれ(親方は日曜まで仕事オールだけど。

いずれはレシピ本でも書籍化してやr
高師直。